スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシが悪かった

梅雨なのにさわやかになったりして、五月晴れってんですか?こういうの。しかし今日辺りはまた雲も出てきて虫虫してきておりますな。

しかし何ですな。ワールドカップですな。ええ、モロチン、いやモチロン何それJAPANだのマタニティブルーだのなんてのはまったく応援してません。ワタクシはいちんちの半分なんです。

まあそれはそれとして、「未来をかきかえろ」なんて不本意な広告を入れられていたのに、どうですか?ええ?この変わりよう。並み居る強豪に互して闘うばかりか、ええどうでしょうな、買っちゃいましたよいくらで?3点でまとめてバーゲンで。つおいですなぁ、我が代表え?前と態度が違う?モロチン、いやモチロンこういうときには手のひらを返すのが体臭たる臭い大衆たる者の態度ってもんです。

驚きましたよ、少なくともワタクシは。もっとも放送はほとんど見てないんだけど。世界ももうこの時点で驚いたんじゃないですか?ねえ?だいたい、強豪国が次々と予選で消えていく中でよく勝ち残ったモンですよ。

まあそういう意味では、すっかりきゃん督の悪口ばかり並べ立ててきたワタクシは、平謝りに謝らないといけませんな。ええごめんなさいワタクシがわるぅございました。見る目がなかったんです。協会の偉いさんたちの方がやっぱりエラインです。

しかし、どうして今の今まで、あんなに弱々しかったチーム、選手がこんなに劇的に変化するモンなんですかな。なにか場所やら時間やら、いろんな要素が絡み合って、こういう変化が起こるときてのがあるのですなぁ。それにまさしく感動するのでありますな。「かきかえる」どころか、強烈な未来を書き込んでくれたモンです。選手を褒めるきゃん督ちゃんも卒がない。

ところで、ここに来てそのきゃん督ちゃんを批判したマスコミは謝罪せよ、なんて話も出てますかな。いや知りませんでしたが、いつマスコミは批判してたんですかな?みんなして提灯記事ばかり書いていたような気がしますが。テレビの放火しラン?焚きつけて騒ぐってもんで。そんな謝罪話を当のマスコミが書いていたりしたら面白いけど。まさしくマッチポンプ。

まあこの際だから、代表チームには優勝してもらいましょう。そうして代表やら監督やらを批判した人々は全員射殺。

頑張れマラドーナ監督!マスコミの批判なんかに負けるな!選手を批判したマスコミは謝罪せよ!

──そりゃthought.

話は何一つ交わりませんが、先だって中日新聞の特報欄に住宅エコポイントについて記事が書かれておりましたな。話は単純で、新築でつくると

「割に合わない」

ということだそうで。そうなんですな、ワタクシもこの話、聞かれてからじゃ遅いと言うことで随分前にセミナーなんぞに顔を出して熱心に居眠りなんぞしてきたところ、なんのこたない、こりゃ普通の家が大正じゃない屋明治屋だよ、ってもうハードルが高すぎて諦めました。きっとある程度フォーマットのできあがったハウスメーカー向けの支援なのだと胃の腑に落ちて、よし聞かれたにせよ、止めることを薦めるつもりになったのでありました。

そう思っていたら、記事の内容がやっぱりで。もっとも5月の申請件数が新築で、4600件というから、ハウスメーカーにもさほど美味しくないのかもしれませんな。要するにコストがかかりすぎちゃって、お得感がないってわけです。最初からコストを掛けるつもりの人々は、そもそもフトコロ事情の酔い人なのだから、そんな補助が出るならさらにフトコロが酔い酔い、暖かくなるというものなんですかな。

まあしかし、ほぼすべての国民が気付いているように、そもそもエコポイント制度なんてのが、大義名分こそ「エコ」だけど、結局の所特定の業界へ税金を投入して不景気をしのがせよう、って算段でできあがってるものなんだから、文句を付けるのももの悲しい。まんま現金でやったらあまりにも見え透いているから、国民を迂回させるって寸法で。中には釣られて仕様を上げちゃった人もいるかもしれませんが、同じ税金誘導でも、30万円もらうためにその倍も払わないといけないとなると、クルマのようにお得感はないかもしれませんな。

それにエコポイントの対象住宅になるには、「登録住宅性能評価期間」なるところで証明書も取らなければならなくて、それには手間もかかれば結構高い手数料もかかる、おまけにそこいらに天下りさんたちの姿さえちらほら──とくれば、例の火事場泥棒なんて言葉がまたゾロ脳裏に浮かんでくるのでありますな。もっともワタクシのようなビンボ人は、クルマも中古、家電も家も無し。払った税金の幾ばくかの還元もなし。悲しきルンペンプロレタリアート?え?自営はプロレタリアートじゃないの?プロレタリアートを取ったら単なるルンペンじゃないか。ああ、さらに悲しき自発的落伍者。

ともかくまあ期待する方がどうかしてるってモンです。こういう辺りで、何それJAPANよろしく、いい方向に期待を裏切ってくれると有り難いんだけど、まあそんな事は「未来をかきかえ」るより難しいってことのようで。皮肉も何もありません。杯。
プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。