スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飴露

純露

っていうそこはかとなくエロティックな名前の飴がありましたな。

a02.jpg

ああ今でもあるんですか。しかも「砂糖の含有が世界一の 純度の高いキャンディ」なのだそうな。間にスペースまで入れて、おや紅茶味まで出ているの。

知らなかった。

──そう、知らなかった。

いつの間に新しいアメリカドル札が発行されていたんだ。ニュースになっていたのか?この話題。


4542389236_3c846b0204.jpg

テレビは見ないものの、基本的に日々の朝刊のチェックは怠らないが、いかんせん中日新聞。そういう記事は掲載しないのかもしれない。あるいは小さすぎて目に入らなかったのか?いやいや、こんなネタはもっと大きく報道してもよかろうに──と思う。

前の100ドル札を「グリーンバック」というのに対して、新しいのは「ブルーノート」なんてジャジーな名前がついてるんだそうですな。ジャージじゃないの、じ・ゃ・じ・ぃ。



色々勉強になります。


4542402490_5efa096bfe.jpg


さて、このネタはしかし、診察発行というお医者さんごっこほらほら触診するよ──じゃなく、単なる新札発行という話にとどまらず、ネット上で色々物議を醸しているもののようですな。

つまり言わんとするところは、かねて言われている北米共通通貨「飴露」に移行するための布石である──と。

飴露なるものについては、各所でいろんな方々が詳しく語っておられるようなので、半可通のワタクシごときが何をかイワンのバカってなもんだけど、要するにアメリカドルによる経済体制を崩壊させて、新しい通貨によって合衆国、カナダ、メキシコでもって共通通貨経済圏をつくり、リスタートしようとする目論見──ってなことだそうで。でもって、そのとき膨大な額のアメリカの負債は、

チャラ

ナッシングゼロ

せっせと、アメリカにつぎ込んだお金はみーんなどぶに捨てたようなものってわけですな。

──てなお話しは、陰謀論として一蹴される人々もおられるようだけれど、この意味のない円高ぶり、というよりドル安ぶりを目の当たりにしつつ、ネット上の諸々の記事を渉猟していると、あり得なくもないような気がしてくる。(というかもとより陰謀論がすきなのだけど。)

ワタクシが以前訳知りの人から聞いたところでは、「飴露の導入は2010年と決まっている」という話だった、というか少なくともその人物が読んだ資料にはそう書いてあったという。

その人物、メキシコに関しては、事件を捏造してでも軍隊を送り込み、北米に強制的に合併させる、というようなお話しをされていた。その辺り、昨今のニュースをかいつまんで読んでいると、どうもそちら方面には国境問題があり、不法入国者をどうにかせよという議論がわき起こっているようである。国境警備を強化するために、小浜がどれだけの兵を送ったとか、あるいはシュワルツェネッガー知事が修平を送ったなどと言う誰そいつ?一人だけ?強いの?州兵を送ったなどという記事もあり、何か一騒動そこらで起きる予感もなくはない。

中国は既にアメリカ国債の購入は止めたというし、決済もユーロになっていると聞く。にもかかわらず、日本は未だにアメリカ国債を買い続けている。

いかにも陰謀論めいた、面白くもあり怪しくもある話。

そしてここに来て、日本の首相を誰にするかが大きな問題になっている。官か悪沢か。結局大きな問題は、アメリカにくっつくのかくっつかないのかに、絞られるように思うのだが、官現首相はどうやらアメリカ追従路線。じゃあ悪沢になったらどうなるのか?

この洗濯、ジャブジャブ選択、首相をころころ変えてはいけない、などという議論よりももっと問題が深いところにあるんじゃないか──と、あるんだかないんだかわからない妄想を広げながら、なるほど悪沢になって欲しくないから、小さな政治資金の奇祭ミスを天下の奇祭はだか祭みたいに、そんな記載ミスを、裏に重大な隠蔽工作があるように見せかける、という官僚・メディアが総力を挙げてネガティブキャンペーンをしてきたのか、それほど悪沢が疎ましいからなのか、と合点したくもなる(あれこれ話を読んだり聞いたりすると、どうやら、それを「ミス」とするかしないかは、検察が恣意的に決められるということである)。逆に言うと、何でそうまでされてる悪沢が出てこなければならんのか、という事でもある。私利私欲の為じゃないでしょう、ここまでバッシングされてるんだから。

ここはやはり、是非悪沢に首相になってもらいたいもの。どえらい嵐がやって来そうなら、頼りになりそうな人物が首相になってくれた方がいい──とワタクシなんぞは思うわけです。

何にもないのならそれでいいんだし。

9月以降、どうなるんでしょうな。ワタクシたちにはどうしようもないけれど、どうも大きな歴史の分岐点の様な気さえする──なんてのも少々大げさってモンですな。

ちなみにワタクシ申し上げたとおり半可通、どころか半半可通ぐらいゆえ、事実誤認やら勘違いやら多々あると思われます。ゆえ、大目に見て下さるか、優しく御指南していただけるか(美女同伴で)、そんな風に扱って下さると幸甚なんでございます。
スポンサーサイト
プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。