スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十四日目

桃字が死んで早14日。2週間が過ぎようとしている。月日が経つのは早いもの。

それにしても、ああ、しんどかった。ここに来てようやく喉の腫れも治まってきました。

先週末の土曜日、えもいわれぬ悪寒に襲われ始めたのが、夕方外から帰ってきてからのこと。これは風邪だなぁ、と見定めて、翌日も打合せがあることだし、さっさと帰宅して体をぬくめて汗をかき、翌朝にはスッキリさっぱりさせる予定で、葛根湯を買い込み、そういえば体温計が壊れていたのも思いだし、新しく安物を購入。

これで準備万端。家に帰り作り置きのおでん何ぞを暖めて内側からも汗をかく準備。いざ寝んと欲す──が。

ちょうど床に入って最初の検温が37度ちょい。まあ予定通りの微熱レベル。こんなもんなら一汗かけば元通りと高をくくっていたのに、あに図らんや、深夜に及んで、38度を軽く超し、これはどうやら簡単には事が済まないと思いつつ、ここが峠と一縷の望みをまだ抱く。

IMG_1286+.jpg


一方で心の片隅にこだまする声。

インフルエンザ

いやいや、そんな事はあるまいて。しかし今年はA香港型が流行っているとか、免疫がないからかかりやすいとか、そもそもワタクシはここ何十年もインフルエンザそのものにかかったことがない、とかそんな記憶が重なり合い、不安が募る。39度を超したら病院行こう、と決意。

そうしている内に早朝近く、目が冷めて体温を測ってみると、39,2度。こんな体温、45になった今の今まで経験したことがない、とうろたえる。やはりインフルエンザか。

IMG_1287+.jpg


怠い体にむち打って、寒さもつのる夜明け前、めまいをこらえながら車を駆り、とあるコロニーの人気DJがいる大病院の救急外来にたどり着いた。既に車を止めるのも面倒なのに、最寄りの駐車スペースが満杯。たまたま見つけた空きスペースに強引に車を止めて、受付までの遠い道のりを、それでも自分にしっかりした足取りを意識させながら向かう。

愚図愚図と待たされるのは大病院の常。以前に来たときは頸椎を痛めたときだっけ、あのときは間抜けな研修医がレントゲンまで撮って、

「ガンじゃありません」

と答えたんだっけ。そういう答えで納得する患者がいるのか、馬鹿者。結局処置は頓服のみ。後日旧知の医者の竹ちゃんに診断し直してもらったんだっけ。そんな事なら行かなきゃよかった──と、以来救急外来はぺーぺーのいるあまり信用ならない所という観念ができてしまったのだけど、この際そうはいっていられない。今回は症状が明白だから答えも明白だろう。

待たされること30分。自分の番号は104番。順序よく、102,103,ときていよいよ104かと待っていたら、また102に逆戻り。などなどずっこけさせられながらも、ようやく診察。こっちはしんどいんだから早くしてくれよ~~、とは心の叫び。みんなそうでしょう。

さて、診察室に入ってみて相見えるのは、なんとも可愛らしい女医さんじゃないですか。いかにも優等生っぽい、ピンクの金属フレームが萌えさせるのでありますな。この時点でもはや診察などどうでも良い状態。

とはいえ、結果はインフルエンザではなく、扁桃炎。原因は色々考えられるけど、近くに細菌を持った人がいたという可能性が大。そういえば足がやっぱりゲホゲホやっていたのを思い出して申告。彼奴が犯人に違いないのである。

後から調べてみると、扁桃炎というのも大層な熱が出るそうで、38~40度ぐらい出るんだそうです。そんならいっそ40まで待てばよかったような、と惜しい気分も、回復すればこそのもの。

いったん診察室から解放されて、会計を待っていると、前例よろしくふたたび呼び戻される。細菌の培養をするので、サンプルを取らせろと言う。勿論快諾。女医さんが、首もとのマフラーをほどいてくださる手つきがいや、なんともエロチックで年甲斐もなくドキドキしてしまった次第。その上、「やっぱりかなり熱っぽいですね~」などとリンパ周囲をサワサワされればもう、矢も楯もたまらず押し倒し、その場で愛の告白などを試みるも、悲鳴を聞いて駆けつけてきた凶悪な顔つきの看護師連から羽交い締めにされ、四肢を押さえつけられた挙げ句殴る蹴るの暴行三昧。這々の体で診察室から放り出されるという病人にあるまじき始末──と熱に浮かされ妄想も暴走。

ともあれ、今回は病状が明白だったこともあり、見立ても明快。もらったクスリを飲み続けラリり続け、喉の痛みもようやく納まり、本日ノーマルモードに復帰という次第。

やれやれなんだか大変な年末だ。
スポンサーサイト
プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。