スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚のバイオレンス

大げさなことはいう巻いてクルクル。

どうでもいいことですがね、昨日貧しい昼飯を食っておりました。

安い安いパンです。一個98円。でも焼きたての。表面にチーズが乗っていて、ちらほらとハムか何かも見え隠れ。

むまそうじゃないですか、ねぇ。

購入して、お茶を片手にバクッとほおばると、ああ、またこの味ですか。

マヨネーズ。

左様であります。このマヨネーズ、どこに行ってもつきまとう便利調味料なのか、コンビニでパンを買おうと思っても、百円ショップでパンを買おうと思っても、いつもいつもマヨネーズ。

ここはマヨネーズ帝国なのか?こんなにマヨネーズばかりの味付けで、ワシらは味覚を誤魔化されておらぬか?

──というわけで、調べてみました。マヨネーズの消費量。

驚きますね。日本のマヨネーズ消費量は、一人当たりに換算して、年間1.8キロだそうです。もちろん距離じゃないですよ。重さです。あの油の塊を1.8キロも年間体にくっつけて、少しずつ吸い出していると考えると、ああ気持ち悪い。ちなみにこれで、世界第二位だそうですな。栄えあるマヨネーズ消費世界第一位は、いうまでもありません。

アメリカ合衆国。

USA!Number 1!エイドリアーン!!(シルベスタスタスタスタスタスタローン)

肥満大国であります。しかし味覚については最低といわれるかの国に次ぐ消費量というのだから驚きますな。

にしても、どうしてこんなに日本でマヨネーズが消費されるようになったんでしょうなぁ。この消費量というのは、工業生産物がベースだろうから、猛烈な大量生産物を、猛烈な勢いで吸収していく体臭くさっ、大衆の存在があるって事ですな。

日本人もメタボだ何だ、なんて妙な方向にドライブかけられる前に、普段の食事を見直せっつぅことのようで。

ちなみに、ワタクシが覗いたHPでは、かの新興野蛮大国では、マヨネーズの消費量はまだまだだそうで、一人当たり年間80グラム、だそうです。

http://www.nsjournal.jp/news/news_detail.php?id=225204

ちなみにここでは日本人一人当たり1.6キロとなっていますね。その誤差よりも少ない消費量。

要するに、ここにやっぱり巨大市場があるって事で、野蛮大国総肥満化計画があるって事ですな。まあお国の事情もあるので、そこで商売が出来るかどうかが問題でしょうが、賄賂、買収、ゴマすり、土下座、その他諸々、手はあるでしょう。

ところで、マヨネーズの味には、毎度おなじみの調味料が加わっておりますな。おかげで尚更その味にうんざりしたりもするものです。でも逆に、もの凄く欲しくなったりする、一種の「禁断症状」まで現れたりするのが怖い物質。

左様。

グルタミン酸ナトリウム

でありますな。アミノ酸島、というあの島の特産物。平たくいえば「味の素」ですな。これを入れちゃうと何でも同じ味になっちゃう。微妙な出汁の味わいも何もあったモンじゃありませんな。一律的味覚の暴力世界。ワタクシはこれを

「味覚の帝国主義」

なんて呼んでみたりしたものですがおーい、しかし何ですな、この「うまみ調味料」っつぅのは日本人が発見したものだそうですが、これほど世界中の味覚に影響を与えている物質もないでしょうなぁ。特に中華圏。かの国の人々は、そのことをどう思っておられるんでしょうかなぁ?いつぞやなんぞは、横浜在住のお婆さんが、味の素を入れない、いわゆる「無化調」の中華料理を教えにはるばるかの国を訪れている、なんて特集がテレビでやっていましたが、かの国の人々なんぞは、

「なぜ、化学調味料をいれないですか?」

「入れた方が絶対おいしいです」

と、すっかり変えられてしまった自分たちの「伝統」、「味覚」を自慢げにひけらかす始末。まあえてして、こういうものですかな。私らだって、浮世絵を芸術として「発見」したのは、西洋人のおかげだったわけだから。外からの方がよく見えるってモンです。

しかし、そのグルタミン酸ナトリウム、おいしいからといって大量摂取しては危険というお話しもあるようですな。

http://ja.wikipedia.org/wiki/グルタミン酸ナトリウム

それこそ、このWikipediaによると、1968年に中華料理を食べた人が、体に異常を来したという、文字通り「中華料理症候群」なんてのもあったそうで、その食品としての安全性については、未だに疑問を呈する方々もおられるとか。そうはいっても避けられないのが「アミノ酸島」なんですがね。スーパーで食品を手にすれば、ほぼ確実に入ってるわけで。

中にはこんな風に書かれる方もおられます。

http://www.asyura2.com/syokuhin.htm

「世界の味覚を侵す“白いインベーダー”」だそうです。この方の記事に依れば、グルタミン酸ナトリウム(MSG)は、脳生理学の分野では「神経興奮物質(ニューロ・トクシン)」なんて呼ばれてるんだそうですな。要するに、神経毒って事ですか。そんな興奮作用がある物質を、大量摂取したら、やたらとあちこちでトラブルを起こしそうな気もします。

ああ、それでか。かの新興経済大国の、この間の理解を超えた異常な興奮状態、これはまさにこの物質の過剰摂取が原因だったのだ──なんて「得心」したりして。

いやいや、そんなこと言ったら、今度は、そんな危険な物質を売りつけて、精神も伝統も台無しにした、なんて賠償請求されそうですな。誠にお後がよろしくないようで。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

味覚まで侵食されていると思うと二の句が継げませんね。

私たちの年代までなら間違いなく天然素材だけで料理した方が
美味しく感じるはずなんですけどね。

化学調味料を摂取し過ぎる背景には、お金もうけに忙し過ぎるというのがあると思いますが、
お手軽な化学調味料頼りになるのは、
悲しいですが道理のような気もしますね。

それにしても、かの大国との関係ますます悪化の模様ですね。
人工姦身両外交で惑わすしかないわ(笑)

No title

きゃターン殿

>私たちの年代

いや、ワタクシは自信はないですよ(笑)。でも年を取るにしたがって、何となく味覚が変わってきたのも事実で、出汁の味わいが実にいいものだと思えるようになってきました。おいしい出汁に巡り会えたときの幸福感は、それが化学調味料の味でないことを願うばかりで。

結局、ちゃんとしたものを食べようと思うとお金がかかるということで、どこかのCMじゃないですが、

「安いのはわけがある」

とまあ斯様な次第ですな。

>かの国

無関係な団体のHPまでサイバー攻撃に晒すというのだから、マトモな反応じゃないです。それだけ自尊心を肥大させているということと、それ以上に自分たちに鬱憤がたまっている、ということかもしれませんが、ワタクシは本当に化学物質の可能性も考えたいぐらいです(笑)。実際、意図的にさえやりかねないと思うので。

人をバカにするのに、わざわざ「小」という字までつけるというのは、まあ人間にたとえてみるとその心理状態も何となく想像がつこうかというものです。

しかし相手はヤクザみたいなもの(というよりそれより非道い)だから、因縁つけられたら最後、対応が難しいです罠。

でも、いよいよ世の中は不穏な空気が流れ始めてきましたね。歴史は繰り返すばかり。反省なんてありません。

マヨネーズは「完全食品」だそうな。

人間が欲しいと思う快感中枢を刺激する味覚がぜんぶ入ってる。

マヨネーズを常時携帯してなんにでもかけて喰うマヨラーなるバカな女たちがいるのもまあ無理ないといえる。ほとんど麻薬中毒の域だと思うけれども。

というワシは昔からマヨが大の苦手で、それを含まぬものばかり買う。調味料としてついててもかけない。だからサラダあたりはいつも野菜の味しかしない。しかも大量即席栽培系の野菜だから味がほぼ無い。それでもマヨ味よりはマシだ。
以前、大皿料理にワシに断りもなくマヨをばーっとかけやがったバカモノとはその日を限りに連絡を絶った(相手はたぶん理由もわからんだろう)。

で、たしかにマヨを排除しようとすると、買い食いできる範囲がぐっと狭まってしまうのも現実であるのう。

> 野蛮大国

なんだか向こうからトーンダウンしてきた気配。つまらん。

どうやら南沙の方でフィリピンやらインドネシアやらベトナムやらに漁船攻撃をしてるときにはスルーだった先進諸国のメディアが、今回はやたら大きくアンチ報道したからびっくりしたらしいである。

戦国時代官房長官は自分の手柄だと言うと思うが。

> 「小」という字まで

向こうのネチズン(ネット市民らしいネチネチしてるからではない)の掲示板へのレスを集めた記事がなかなか面白い。もちろん翻訳だが。

http://news.livedoor.com/article/detail/5037825/

最初は「小さい日本に勝利!」とものすげえ威勢がいいんだが、そのうち「コヨーホーは何やってるんだ」とか「弱腰外交だ!」(あれで?)とかなぜか自政府に対して怒り出し、終わりの方では「じつは日本に負けたような」「もしかしてやばくね?」的にだんだん不安に駆られていく、と時系列でくるくると流れが変わるのも興味深い。

No title

noriaky殿

>人間が欲しいと思う快感中枢を刺激する味覚がぜんぶ入ってる。

麻薬であるな。マヨネーズ取締法がいるのである。安っぽい小説の寝たになりそうなグゥ。

>マヨネーズを常時携帯してなんにでもかけて喰うマヨラーなるバカな女たちがいるのもまあ無理ないといえる。ほとんど麻薬中毒の域だと思うけれども。

そういえば、蚊取り線香とか何とかいうジャニタレ@一発変換(圧力ないのカネ?(笑))が マヨラーらしいですな。そんなに好きなら、体にチューブを取り付けてチュウチュウ毎日吸ってりゃいいのに──といつになく暴力的な物言い。朝からマヨネーズをかけたサラダを食べたのだった。ハンセイのハンタイなのだ。

>というワシは昔からマヨが大の苦手で、

はっはは(が素)。そりゃ本当のマヨネーズを食べたことがないからだな。はっははハッΣ(゚Д゚;)ティー!

>以前、大皿料理にワシに断りもなくマヨをばーっとかけやがったバカモノとはその日を限りに連絡を絶った(相手はたぶん理由もわからんだろう)。

もともとそんな程度の付き合いだからそういう出鱈目なことをするのである。

ワシはお好み焼きにマヨネーズは好きだがな。あと冷やし中華にマヨネーズ。この場合は西洋芥子も必要である。タルタルソースはどうなんだという所だが、あれも最近は迷惑な存在だ。くどくて気持ちが悪いので、白身魚フライなどにデフォルトで(という言い方も好きじゃないが)添付されているタルタルはちょっと困る。フィレオフィッシュなんつうぅファストフードも食さなくなって久しい。

体も徐々に変わっていくのであるな。

>> 野蛮大国

>なんだか向こうからトーンダウンしてきた気配。つまらん。

ふふふ。貴公は主戦論者であるな。ワシは平和を望むのでそれが正しいと思うのである。向こうも事を荒立てても特はないのが今の世界の流れだろうと思うがな。もっとも、所詮「金儲け」がすべてという倫理観の世界では、筋を通して道理が負ける。そういう場合に備えて、チャンネルを沢山持っていることが大切なのだと思う。

>どうやら南沙の方でフィリピンやらインドネシアやらベトナムやらに漁船攻撃をしてるときにはスルーだった先進諸国のメディアが、今回はやたら大きくアンチ報道したからびっくりしたらしいである。

この件はワシは知らぬが、そこを無視したら、自分の所も同じ憂き目にあうという危機感ではないかな。無理を通して道理を引っ込ませるのなら、投資家たちも引き上げてしまうのではないだろうかのぅ。

>向こうのネチズン(ネット市民らしいネチネチしてるからではない)の掲示板へのレスを集めた記事がなかなか面白い。もちろん翻訳だが。

「小さい」ところに勝利して狂喜乱舞するんだからケツの穴の小さい話だが、これをざっと読んでみると、まあかの国でも色々な意見があるって事だろう。中には日本人が書いたんじゃないかと思うような書き込みもあるが。

政権批判をするジャーナリストなど、都合の悪い人物を次々暗殺していく国と仲良くなるのもよくわかる──もっとも暗殺はどこの国でもあるんだろうがな。怖い話じゃ手。

ちなみにコよーホーじゃなく、古今トーじゃないかね?コよーホーはウーアルカイシ氏の一件で失脚。

かの国の外務省も、賠償云々という事については、フェードアウトモードに入りつつあるようだが、こういう傲慢な振る舞いは、みんなに嫌われるのである。「空気を読む」、という事を教えてあげないといけないのである。

No title

> 主戦論者であるな。ワシは平和を望む

いや本当の戦争は痛いからいかんである。緊迫してる状態メメントモリがいいのである。ここさいきんはどーもエセ友好みたいな空気が気持ち悪かった。それがいかに脆いか&危険かは今回あからさまになったんであるが。

> コヨーホー

あれ?コキントーと打ったつもりなのに。じつは同一人物だな。

> フェードアウトモードに入りつつ

なぜか大手新聞系メディアは、その微妙な空気の変化とフェードアウト具合にふれてない。相変わらず危機感をあおる報道である。

いずれにしても「これからは中国中国」と得意げにのたまってきた企業人たちはもうちっと高い報酬に見合った脳を使って考えて欲しいもんである。
欧米企業はすでに何年も前からチャイナリスクを見越して東南アジアや南米に軸足を移してるぞ。ここでも出遅れてる日本である。

No title

あれ?と思ったら、急に関係修復報道が始まった。何がまた起きてんのか。

No title

noriaky殿

>いずれにしても「これからは中国中国」と得意げにのたまってきた企業人

経済という点ではそうなんだろうが、オリンピックもやり万博もやり、芸術でも映画でも世界の第一線で活躍する一流どころを揃えています、てな宣伝を大々的にやる割には、いやだからそうなのか知らないが、この傲岸不遜な四千年の歴史(なんていうのはウソで、所詮50年そこそこの歴史の国、というのが正しいだろう──日本とて150年足らずの歴史の国なのだが)ナンであるな。

No title

>所詮50年そこそこの歴史の国

そうさのう、さしづめ日本なんぞ終戦以来がらっと気質も変わったってとこからすると60年くらいしか歴史がないな。

そりゃ脈々と権謀術策を磨いてきた欧米、とくに欧の方にかなうわきゃーないな。

そしてかの国の内面は、基本的に皇帝の時代とあんまり変わってなさそうなんで、4千年の歴史ってのも嘘じゃないかもしれん。
ちょっと前まで3千年だったのに、なんでいつの間に千年増えたのか知らん。

No title

noriaky殿

>さしづめ日本なんぞ終戦以来がらっと気質も変わったってとこからすると60年くらいしか歴史が

しかしかの内田田鶴先生の書物に依れば、日本は2000年も辺境的塵の中でほこりっぽい国として、周りの様子を見ながら空気を読みつつ生きてきた、とこうなるわけで、事ほど左様に、「国」というのは見方によって見え方も異なるというわけだ。戦後の“変わり身”も、その気質の一部ということになる。

かの国のバヤイ、四千年の歴史といいながら、その歴史の主体は一体誰なのかというのもワシにはよくわからぬのだな。今だって多民族国家のはずなのに、しかもあれだけ広い国土に言葉さえ通じない地方言語を持つ人たちが、果たしてたった一つの歴史に習練されるものかと実にいぶかしい。

そういう意味では、ワシらのバヤイでも歴史の主体というのは、あたかもわれわれであるかのように教え込まれるが、同様によくわからぬのだが。

もちろん西欧の国々だっていわゆる近代になって出来たことには変わりはないし、そこで「歴史」がつくられるのだから、事情は同じだと思うんであるが、やはりそこはあくまでも“主導権”つぅ問題があるんだろうかのう。

>ちょっと前まで3千年だったのに、なんでいつの間に千年増えたのか知らん。

地球だってちょっと前まで40億才といわれていた(様な気がする)のに、いつの間にか45億才といわれているのだから、かわいいもんである。3000年は、マダムヤンだったかな?ふるいCMだが。あのインスタントラーメンは画期的なものだったが、いつの間になくなったのか脳?

No title

> 戦後の“変わり身”も、その気質の一部ということになる。

その樹木な人のホンは読んでないけんど。

鎖国もあるでよ。鎖国の時代は今の北朝鮮的というか、「日本サムライ最強、でも実際戦うと最強っていえなくなるかもしんないから戦わない」と他国の戦争に関わるのをやめた、という文献も残ってたりする。
で、明治維新から西欧列強のモノマネ、戦後は亜米利加の舎弟、今は・・・なんじゃろな。そのへんがしゃきっとしてないからいろいろ言われるんだろな。

西欧の国々は一回ぶっつぶれた独逸とかをべつにして支配体系は王政時代とかわらんみたいなので、まあ伝統が違うってこってある。
プロフィール

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。