スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後の展開

しかし何というか、足くんの仕事の効率を上げて、ワシ自身は高みの見物を決め込むために、ワシのお古のMacを譲ろうと新たなMacを、それこそ清水の舞台から飛び降りるような気分で大枚をはたいたわけである。しかし実際清水の舞台から飛び降りて無事だった人間などいるのだろうか?いやいるわけがない。

左様。

届いたiMac。午前中姉弟の宅急便。午後には兄妹になる。

午前に届くと思って心の準備も万端に、ひとたび宅急便屋がやってくるやいつでも飛び出せるように玄関先で体制を整える──まつこと15分、20分、1時間、2時間、3時間。

おい、もう昼時じゃねぇか。仕方ない、これは明日の午前だろう、というあきらめとともに、所用で出かけようと思った矢先。外からトラックの停車音。いやいやこれは同様に頼んでおいた通販のコーヒーだ。いつもおいしいコーヒーを届けてくれる、岐阜の山田珈琲からの豆の配達である。

と思いきや、ギー、と扉の開く音。おおやっぱり待ちかねたiMacじゃないか──というわけで豆と同時到着だったという次第。

さて、所用を済ませて夕方戻り、いよいよ開梱、そしてセッティングである。電源コードをつなぎ、狭い机に威風堂々乗せられたiMacのスイッチを入れてみる。

・・・

あれ?音が鳴らない。もう一度スイッチを押す。

シーン。

おい、これはひょっとして・・・。電源がダメなのか?

電源を変えてみても、古いiMacの電源を用いてもやっぱり起動しない。

こ、これは・・・。
 
時間を見れば夜八時を回らんかという時刻。うむ、アップルの直販店は夜九時までの営業。電話をしてみよう。

──それから15分後。ワシはApple Store名古屋栄点で点になっていた。

原因は製品不良であった。

何という確率。なんだかアタリに当たったような、ハズレを引いたような複雑な気分。ともあれ、Apple Storeの悲情に丁寧にして迅速な対応に何とも有り難い心持ちになりつつ店を出たのであった。電話では解らないから持ってきてください、という的確な判断。愛想のいい店員さん、マネージャーさん、トラブルで何となく不安な顧客、しかも通販で買った自業自得のような客に対して、自分たちの責任としてしっかり受け止める意識の高さ。

ああ、ワシも見習わねばならん。ワシはいつも傲慢であった。

そんな小さな事で心配するなんて心配する方がおかしいですよ。

そんな態度は微塵もない。心配を引き受けて返してくれる。色々な可能性を検証して答えてくれる。

素晴らしい。そして、最後、交換した新しいiMacを手に、店先に送り出してくれる。ああ、こんな高級ブランドショップのようなこと、してもらったことがない。愛想のいい店員さんが別れ際に一言。

「また遊びに来て下さいね」

おお、何という気安さ。この細やかなサービスに対して、なんという心やすさ。

ああ、ワシはまた行くよ。何も買わなくても行くよ、Apple Store。

──しかし、そのときのワシには、その言葉の暗示的な意味を毫も理解していなかったのであった。

続く
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

あら、ツービーコンテヌーかや。雪豹を無理矢理入れた我が古マックは、無線キーボードが使えるはずなのにまったく受信せぬ。そしてアッポーに電話すると4英世のチケットを買えば答えてやらんでもナイといわれて電話を叩き切った。だからいまだに有線キーボードである。ぬー。

No title

引っ張りますね~(笑)
気になる~~~!

私も同じように感激したことがあります。
我が家のソニーのテレビが映らなくなり、7年目ということもあり
買い替えも視野に一応修理を頼んだら、
なんと部品が不良品ということで、
無料で部品交換をしてもらいました。
出張費も無料です。
ソニーさまさまです!
押し売りもしないし、ソニーが好きになりました(笑)

No title

のリア王氏

>アッポーに電話する

これは続きにも書くつもりであるが、テクニカルサポートはどれだけ話をしても無駄である。直接ショップに電話をするのが一番である。

青い歯がオンになっていないのではないのか寝?グゥ。

きゃターン殿

いやいや気になるほどじゃないですよ。

ソニーといえば、名古屋にも直営店が出来ました。まだ入ったこともないですが。設計は世界の山ちゃんならぬ世界のアンドー。外観は普通ですが、中身は知りません。アンドーのことを悪くいうと殴られるので怖いです。
プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。