スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二日目

今日は桃字が灰になっちまった。

悲しい。

さすがに昨日のようなことはないけれど、なかなか気持ちの整理がつかないものですな。

色々な映像がフラッシュバックするので、その都度気持ちがそこに奪われてしまい、ぼーっとしてしまう。朝などは、まさに昨日の同じ時間にこんな顔をしてここで死にそうになっていた、なんて思い出したらもうダメ。グルグル映像が回り始める。クルマの運転中、信号待ちなどしてもそう。後ろからクラクション。

ハッΣ(゚Д゚;)

まさに絵に描いたように。そんな自分をちょと笑ってみる。

まあ当たり前でしょうなぁ。二日目だから。

「去る者日々に疎し」

時間とともに次第に忘れていくもの。

記憶も。痛みも。

それにしても、思い出す事柄のあれこれを考えながら、一体何を惜しんでいるのか、自分なりに考えてみたりもして。

一つには、過ぎ来し方を振り返り、一緒にいたその時間を綺麗さっぱり無にされてしまったような喪失感。

そしてもう一つ、未来に向けてまだ可能な時間として留保されていたものもいっぺんになくしたという様な喪失感。

主として時間軸に沿って喪失しているのですな。だからせめて、まだ少しの猶予をもらいたかった、そうすればまだしも納得できただろうに、などなど。

さらに時間と来れば、当然ながら空間。

家に帰ったときに当然その主体が占めていたであろう場所に、その主がいないことに喪失感を感じたりもするんですな。

だから思い出すその最後の呼吸の瞬間、すべての時間と空間が捻れて、なにか歪んだ間違った場所におかれてしまったようなそんな後悔とも怒りとも、なんとも名状しがたい感情にとらわれてしまう。

結局人間を失ったときと同様なんですな、多分。しかも日々一対一で過ごしてきた相手だけに、実際人間以上の感情移入がそこにはある。文字通り体の一部を失ったような感覚も湧いてきたり。

世間ではダイアナロス@創価学会、いやペットロスなんて言葉が流行っているようで、そんな言葉にくくられたくない、と意地など張ってはみるものの、正直に言いましょう。

負傷痛い痛い不詳ワタクシ、「ペットロス」であります。

まあ、ダイアナロスよりはマシってことで。しばらくこんな状態を楽しんでみるんである。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

だディーなんぞの生き死には茶化せるが、ねこの死はやはりシリアスに悲しいのう。
しかもまだ2日目じゃて当然である。

徐々に衰えていくのに立ち会えたのならまだしも突然ではまたぽっかり感も強かろうぞ。

というわけで事故らぬようにの。

No title

桃字くんの存在が人間同様だというお気持ち、良く分かります。
私もにゃんすけの一挙手一投足に一喜一憂していますもの。

しばらくは思い出に浸るのも供養かも知れません。
今夜は寒いので、ベッドに桃字君がいないのがまた心を凍らせますね。

No title

野リア王氏

ダディー@一発変換殿のようにある程度互いの関係を客観視できるような状態であればまだしも精神は落ち着いていてくれるのかも試練のぅ。と同時に、貴公はそう言うアタリはかなり冷静に整理に出来る人間ゆえ、そう言う資質もまた作用しておるのだろうて。ワシは物事の整理が苦手なのである。

きゃターン殿。

>今夜は寒いので

ふふふ。辛いところを尽きますね。まるで傷口に塩でも塗るように(笑)。まあ昨晩だけでなく、一昨晩も既に荘でしたが。

思い出ではなくやはり悔恨の念の方が強いのです。

No title

>そう言うアタリはかなり冷静に

ん? ワシがぞんざいに扱ってるのはだディーくらいだぞえ。

きっとワシも一緒さ。

プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。