スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初七日なのか

桃字君があの世に旅立ってナノか目異常にちっちゃい目になってしまいました。一応簡単にネットで初七日なんてのを調べてみれば、

http://www.e-butsuji.jp/butsuji2-1.html

故人が三途の川のほとりに到着する日とされています。故人が激流か急流か緩流かのいずれを渡るかがお裁きで決まる大切な日で、緩流を渡れるように法要をします。

んだそうですな。猫だしさばくったって人間ほど業も深くないし、気楽なもんでしょう。まあ猫は一年のオンを三日で忘れるオフってぐらいなもんで、今頃は三途の川の川縁でウロウロ楽しげにしていることでしょうな。

さて、桃字の顛末で書こうと思っていた事をすっかり書く気も失せていたのだけど、暇だしちょっとかいてみようかと気紛れに。

桃字の死ぬ二日前(すべてそれが基準)、豊田市美術館に行ってきたのですな。知人の名古屋美術界の重鎮、漢方薬ジジィ(野リア王氏の命名)と。重鎮なのに私らは結構ぞんざいに扱います。

さて、いま豊田市美術館でやっているのは、建築家のジュン様の個展ですな。つい先だってベネチア建築ビエンナーレで大賞を取ってきた作品の、いわば凱旋。大賞を取ったというだけでなく、その作品のあまりの繊細さが、極限的で、些細なことで壊れてしまうことも話題で、新聞にも初日に壊れてしまったことが報道されていました。

で、どんなものか見てみようという文字通り物見遊山なわけです。

最初の一室で展示されていたのがどうやらその曰く付きのものだったようですが、その部屋も中で二つに分けられています。まずは実物大の図面が展示。図面と言っても実際に使われている部材が使用されています。

建築をやっている人たちならわかるでしょうが、猛烈に細い部材がいかにも建築的に描かれています。「圧縮力」「引張力」といった力学用語も丁寧に描かれ(英語だから格好良い)、わずか何ミクロンというその大きさも、力学的な計算に基づいて洗濯ジャブジャブ選択されているのだと言うことがよく分かります。

そうしてさらにその隣へ。入り口で靴を脱ぐように指示されて、図面にしたがって出来上がった極限的構築物が目の前に。美術館の方が、「向こうの黒い服の形に重なるとわかるかと思いますが、とても細い材料で出来ています。」

なるほど、細い柱は向こうの黒い服の人と重なり合わないとみえない・・・じゃなくてそれを支える斜め材がか。これは凄まじい。見えないぐらいの建築物。柱の先端を見ると・・・天井に重なってもう見えない。でも図面にはあった横架材、梁がないんですな。不思議だったのだけど、それが初日に壊れた部分だったと、後から教えてもらいました。

なるほどねえ、凄いねぇ、と感心しつつ、他の展示も観ていくのだけど、次は雲みたいな建築物。ワシをワシ?和紙を重ね合わせて以上に細い部材で出来た立体障子みたいな作品。雲に見立てられたそれは、人間がアリの大きさぐらいのスケール感なのだとか。イメージの中でそれは物理的な障壁をなくし、拡散する白い光の中で存在を抹消する。これもまた、建築のスケールを変えようという試みなのはわかりますな。

さらに、例の賞を取った作品。森か建築か、というような光の優しい、いわば物としての建築の消える作品の模型、その一部をとり続けたビデオのインスタレーション。

それから、巨大な模型。建築物を自然スケールに近づけることで、物々しく人間を圧迫する「建築らしさ」から解き放たれて、むしろそれはヒューマンスケールに近くなる、という逆説。ネット上に張られた屋根のようなメッシュには緑が張り巡らされ、その下で営まれる人々の振る舞いは、いかにも自由、そして気ままで、そうした許容力が何とも優しげなものに映る。

その後がそのドローイング。それから天上に昇っていくかのような、スカイスクレーパーなのに細く優しく倒れそうな建築物の模型。最後が、「庭」だったかなんだったか、とてもフェティッシュな感覚のオブジェを集めた小さなインスタレーション。

・・・まあ感想は人それぞれ色々あるでしょうが、私個人は、なんとなく今の日本の情緒的な状況を、建築の世界でもこのように表現するのだなぁ、としみじみ感じ入ってしまいました。

何というか、最初からそうだったけど、すべてに渡って繊細で、脆弱で、なんとも優しげナノですな。あまり当時は隊長もよろしくなかったのだけど、隊長?誰?見ながらだんだん吐き気を催し始めるのですな。最後のアタリには一刻も早くその場を去りたくて仕方ないのを我慢して、どうにか「見た」という事実を作って見たりして。

何が一体そうさせたのか、自分なりに思い返して見ると、何というか余りに優しげなタッチ、余りに善良なイメージに溢れていて、こちらの体がついて行かなくなったんじゃないかと、思ったりもするんですな。この感覚何かに共通するな・・・そう、あれだJポップ。不満やら苛立ちやら、そういった文脈はすべて消滅して、あるのは只、誰かに会いたい気持ち、あえない寂しさ、それを包む優しさ、そんな脆弱な歌詞ばかり。そうした感覚と、作品が、ドローイングも模型も、どこか通じているような気がして、それがこちらにある種の息苦しさを与えていたのだと独り合点。

参考までにこんな記事を。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/01/news064.html
http://news.ameba.jp/weblog/2010/07/72833.html

こんなのも。

http://404nots.blog88.fc2.com/blog-entry-1039.html

煎じ詰めて言えば、そこには「悪意」がない──と思ったんですな。美術館、美術、来訪者、そうした人たちに対する敵意も何もない。どこまでも透明で偽りのない存在。こちらがこんな陰気な感想を持つこと自体、何か最初から「禁じ手」として封印されているような気さえするのですな。

そう考えてみると、できている物はとてつもなく、優しく脆弱なのに、見る側には異常なまでの身体的緊張を与えているのも、息苦しさの原因だったりしたかもしれない。イメージはアリ、だけど「触らないでください」「気をつけてください」「壊さないでください」。実際見るものはアリどころの大きさじゃないんだな。

そのあたりいささかアイロニカルで、そうしてみればおもしろさもあるけれど、きっとそれは作者の意図じゃないだろうね。そんな読み方はまさに「悪意」になったりして。

同行した重鎮様に「どうでした?」と尋ねたら、「何の刺激もない」。見も蓋もないですなぁ。今日との美術関係の友人に聞いたときの反応が言い得て妙でした。

「フラジャイルにも程があるっちゅうねん」

さてまあ肩の凝る話はこんなところで、桃字君を弔いましょう。三途の川を渡れるように・・・あ、え?何?ナノか目って初七日じゃなくて初七日は六日目って昨日なの?ダメジャン、桃字君三途の川でおぼれて死んでしまうじゃないの。桃字、ダメな飼い主ですまなかった──。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

その個展、ド素人の私などが拝見致しますれば、
多様化した生活スタイルに応えるべく、
建築の様々な有様を見せて頂けたようで驚嘆すると思います。

No title

きゃターン殿

>多様化した

多分生活スタイルとは関係ないと思いますよ。ある種の指向性の問題だと。でも私も決して全部否定するつもりはないです。面白いと思う部分は沢山あります。

No title

うむ、ねこぴーも初七日とかあるんかのう。

おお、そしてこれな。ほっそほそ建築。ガキが体当たりして壊れたというのでちと興味がわいてたんだが、なんだもう始まってるんだに。油断すると終わってしまいそうだ。
やっぱり動くだけで風圧で壊れたりとかしそうで息をすることもできなさそうだな。

No title

野リア王氏

>ねこぴーも初七日

まあ生きとし生けるもの、一切衆生悉有仏性ゆえ猫とて初七日ぐらいしてもよいのではないか。間違って魂がさまよい、また次に猫に生まれることができなかったら悲しいではないか。

>ほっそほそ

ガキが体当たりしなくても壊れるけどな、あれなら。始まっているどころかもう終わり間近じゃないか?やっぱり26日までであるな。明後日まで。ガム場って出かけてきた魔へ。

No title

というわけで頑張って行ってきたんである。
“フラジャイルにもほどがある”展。予習としてフラジャイルという単語だけ暗記してだな。

んーたしかに見えぬ。あれは木か?

それよりどこぞの子連れのガキンチョどもの挙動が危険なかんじでとてもスリリングだった。案内嬢の心の声「荷物はロッカーに入れとけ」

No title

野リア王氏

ほほぅ(最近気に入っている言葉)。頑張ったものですな。あれだけ息を潜めてみるような建築物も珍しい、といういみで、なかなか面白いと言えば面白かろう?

よい意味でも悪い意味でも、話題にならないより話題になった方がヨイのだな。

浜子ー先生の著書のタイトルだったっけ?「悪名は無名に勝る」。
プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。