スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブ

何ですかな。雨ですな。分けても昨日はよく降りました。

ところでその昨日は、ワールドカップで阿蘭陀対日本の対戦があったんですな。まあこんな狭い日本で、そんな事実を知らない人がいたら、それはそれでたいしたもの。で、その対戦をみんなで見ようじゃないか、酒でも飲んでわいわいやろうじゃないか、なんつぅ会合もおそらくあちこちで開かれたでしょうな。

ご多分に漏れず、このワタクシさえ、数日前にお誘いをいただいておりまして、どうしようかと迷っておりましたが、それというのも、昨今ワタクシ謎はそういう謎?そういう会合に足を運んでも浮いてしまうのが目に見えているのでなんだかんだといいわけをこさえては断っておりました。

しかしまあ、家主の方に不快があるとか嫌悪があるとかそういうわけでもないし、むしろ好感の持てる人物。大体そういう場所にワタクシがあんまりなじめないという事もご存じの上でのお誘いなら、かなり気を遣ってくださっておるに違いない。

そう思うとあんまり断るのも人間関係上なんとなくよろしくないとか、こちらの対応として大人げないんじゃないかとか、色々マイナス方向のイメージが湧いてくる。そんな事なら、いっそ楽しげに参加してみるのもよかろう、ってわけでそんな場所に行ってきてしまったという次第。

集合的感染に感染?まあそうですが、観戦にあたっては、まあ日本を応援するなら青い色を身につけて、そうじゃないならそれなりに、といういわば「ドレスコード」が課せられておりました。当然ながらワタクシは日本を応援する気なんぞはさらさらない。さりとて阿蘭陀なんてチームは知らないし、まあ何でもいいから一応、そういうノリの悪さの表明としてゲバらのプリントTシャツなど着込んで参加。

いやぁ、やっぱり浮きましたな。雨だったので偶然ながら、オレンジ色の傘を差して登場すると、こちらはネタのつもりで「オレンジできちゃったけどいいかな?」などと振ってみると、「半日」ええ一日の半分の扱い。まあそれもネタとはいえ、あながちそれをネタと言い切れないムードがあるのがいささか怖い。それ故最初に皆様に宣言しました。

ええ、ワタクシはどちらも応援しません。永世中立であります。

と。まあその意でゲバらも解していただいたので一応許容していただいたという次第で。この際、「応援しない」という所に微妙な空気が流れましたが、まあそれはそれ。

それにしても不思議なことですが、何であんなに日本チームを応援できるんですかなぁ。その感情の源が理解できぬのですな。なんですな、このグローバル化の時代に、なんでたまたま行政的に「国」と呼ばれるある地域に生まれ、生計を営んでいるというだけで、その地域を応援せんければならぬのか、何故そんなに共感してしまえるのか、その点にいささかの疑いもないのでありますな。同じ言語、同じ行政母体、同じような外見、そういうものを根拠にして、感情的に紅葉していくというのは秋も深まる時代の話。真っ赤になって応援するのもいいけれど、どこかワタクシには違和感が残るのであります。まあその違和感を理解してくれぬ人々がほとんどで、こういうバヤイ、ワタクシに投げかけられる言葉は、

天の邪鬼

というのに尽きるのですが。大体この日本だって、いろんな人種が混ざってきて、いろんな国の出身者が増えてきて、いろんな感情が混ざり合って、そんなに簡単に国だの民族だの、言えないのじゃないかと思うのだけど。どんなモンなんでしょうな。

モロチン、いやモチロン、サッカーをするすべての人々は素晴らしいと思うし、どこかのチームを応援するその感情のあり方に不満はありません。理由なんてどうだっていいし、選手が格好いいとか、強いとか弱いとか、あるいは地元だからとか、金がかかっているから、とか応援する切っ掛けなんていっぱいあるわけで。

そういえば初戦のだらしない試合の前に、以前日韓共同開催のワールドカップの時、亀ルーンが合宿していた九州のある町の話。町を挙げて応援するその国こそ、やっぱり、

亀ルーン

いやぁ、素晴らしいと思いました。これが日本のココロなのですな。ワタクシは日本に生まれてよかったと思う次第。まあ件の集合的感染の場でも、一応はワタクシを許容して下さって、殴ったり蹴ったりなどの暴力もなく、いやむしろ不快を与えたのはこちらの方かもしれぬというわけで、申し訳ない気分で辞去してきたという次第でありました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

まあ難しい事いうなよ、お祭りなんだしさ、

というとそれで話が終わっちまうから少し理屈をばこねよう。

そうさの、日本などまだ海で隔てられてひと塊っつうのがまだ分かりやすい方じゃないかな。なにしろその亀ルーンなんて、
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&tab=wl&q=%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3
ナイジェリアとかと陸続きだし、
田マークも、スウェーデンと橋一本向こうってだけ。
オランダときたら、ドイツとかベルギーと川ですらなく道一本で違う国状態である。
逆によくこれで国花としてのアイデンティティを保てるなと感心するくらいだ。
そういやベルギーは南北分裂しそうだそうな。

ま、試合のときにしれっと見ててもあんま面白くないし、他国同士ならまあ判官びいきで弱くて健気な方に肩入れしたりな。
で、日本が出てれば当然知った顔が多いから自然と日本が勝つといいよな、と見るってもんだ。

さすがに侍青な格好まではしないが。

わざわざそこで中立を保ってどちらにも肩入れせずに見る方がワ士的には難しいがな。逆に感心するぞ。

No title

noriaky殿

まあワシは何に付けさほど深い思い入れもない輩ゆえ、基本的にどっちが加藤が鈴木がかまわないんであるな。

アフリカの国々は実際、ヨーロッパの植民地主義のおかげで勝手に線を引かれた挙げ句に、国田民族だとどこの民族だと訳の分からない事態になり内線だの外線だの、混乱も続くというわけだ。

こういう辺りに国という虚構が垣間見えてしまうのだが、それでもその母体を代表して、こういう大会に出てくるわけだから、彼らのメンタリティはいったいいかなるものかと気になったりもする。

むろん、ワシのように無関係ゆえのお気楽さとは異なり彼らのプレッシャー、義務感などは比較にもならぬほど甚大とおぼしきところ、手軽に借りてきた議論を当てはめて、それをばよろしくないことなどと言ってみるのもまた軽率というもの、であろう。

ベルギーはオランダ語圏とフランス語圏で、なにやらその扱いに不満が募っているだのなんだの、という記事がでておったのぅ。こういう不平等感は、ある地域に共有されれば、そこの住民たちを独立させたくする大きな原因になるだろうな。そして盛り上がる。

おっと、そういえばどこぞの国にも、そんな不当に扱われて知らぬふりをされている地域があったのぅ。あそこの言語なんかは、ワシらの通常の言葉と相当違うのだから、自らのアイデンティティをそこらに見出したら、やはり独立騒動などが起きそうであるな。

>どちらにも肩入れせず

いや、これがだな、どっちが点を取ってもユカイなので実にお気楽で楽しいのである。まあ情報量としてはポン日代表が圧倒的だから、そっちのネタばかり話すことになるのだが。

ワシとしては、あの眼鏡のオッサンのサッカーがどうもあんまり好きになれない、っつぅそういう事なのだがな。スピード感がない。まあしかし、ここまでやれたってのには素直に感服するのだが。

何というか、こういう大舞台にやってきた選手たちってのが、何か変化を起こしたのか、顔つきが変わって目つきが変わって、精悍になったのが印象的である。感興が人を変えるのだとつくづく思った次第。

とはいえ、このあとデンパークは三河安城で、デンマーク戦というのがあるらしいが、これで引き分けても本戦に残れるとのこと。ここで妙な戦術に走ることなく、真っ向勝負で負けてくれれば、いやこの際勝ってくれれば、拍手喝采したいものである。

No title

しかし当夜の微妙な空気感が想像できて笑えるな。

> 知らぬふりをされている地域が

そうだな。が、その望みどおりにメリケン軍が引っ越ししますわぁと出て行ってしまうと、たぶんあそこの地域経済はたちどころに破綻してしまうな。
「メリケン基地を我慢する」が最大の産業であるし。皮肉にも。

> あの眼鏡のオッサンのサッカー

ダブル杯ではそれをかなぐり捨てて弱小国にふさわしい守って守って守ってサッカーをやってるから、まあ善戦してるんだろうな。下手に真っ向勝負するとどこぞの将軍様の国のように全国初生中継で7点もとられて全員炭坑送りになりかねん。

> 顔つき

たしかにダブル杯が始まるまでとぜんぜん顔が違う。あの変わり具合は驚いた。
それまで全負けで史上最軟弱とすらいわれてたのが逆にいい方向に化学反応おこしたんだろうなあ。G子ジャパンのドイツ杯のときとは真逆だ。
これだから人の心というのは分からない。

おーところで、ブログパーツがいろいろ貼れるフットボールクラブ2に来たんだから、いろいろ貼れよ。
このへんで探すと愉快なものがいろいろあるぞ。

http://www.blog-parts.com
http://blog-parts-navi.seesaa.net/
http://widget.blog.shinobi.jp/

まあワ士も当初は大喜びでいろいろ貼りまくってすぐ飽きたが。

たまにブログパーツによっては変な不具合が起きてブログ表示がIEでだけ出なくなったりハプニングはあったりするけども。

No title

noriaky殿

>たぶんあそこの地域経済はたちどころに破綻

経済特区をつくって、観光地として繁盛させればよいのである。今だって結局は「思いやり」という名の下に、国の税金を払っているのだから。もっとも、その金を持って「綜合警備保障」というのだから、いかんともしがたい。雨ちゃんにしてみれば、「おまいらが安全を貪っておられるのはワシらがいてやっているおかげだ」というわけだ。ところがその雨ちゃんたちは、実はほとんどアフガンにいたりするわけだから、全然話が違う──とか。

>全国初生中継で7点もとられて全員

まあ我が国でもそんな試合をしたら、マスメディアを始め、お手軽な評論家たちがあれこれ勝手なことを言うに違いない。一人がやったことになるか、みんなでやったことになるかの違いでしかない。

そういうわけだから、松下整形塾出身だったっけ?外科医の岡ちゃんは、まず守りから。だから「コンセプトがない」なんて金子何とかって評論家にいわれるのだな。とりあえず「まもりまーす」と宣言すればいいのになぁ。デン幕の監督も、守られるとやりにくい、とぼやいていた。そうやって弱いチームが守ってばかりいるとW杯の魅力も下がってしまうやもしれぬな。バックパスに制限が掛けられたり、自陣のハーフサイドには何人以上選手がいてはいけない、なんてルールがいずれできたりしてのぅ。

>G子ジャパンのドイツ杯のときとは真逆

おお、ジャイ子JAPANな。ジャイ子監督もまたいかにも適当だったのに、運だけは異常に強かったような気がする。先の評論加算が足し算しながら言うには、日本は欧州サッカーを目指しているのにどうして南米の監督ばかり招聘するのか、と。

きっと欧州の監督には面倒なんじゃないかと思うのである、黄色い国の官僚制度が。

>ブログパーツ

ハッΣ(゚Д゚;)付け方がなんじゃそれ、貼り付け方がわかんねんだよ。ちょっと勉強が面倒な年頃でな。もうちょっと配置も換えてみたりしたいが、どうも使い勝手がわからぬのである。

ブログパーツの貼り方指南

> ブログパーツ
> 貼り付け方がわかんねん

簡単である。勉強の必要もねえぞ。ワ士は勉強したが。

たとえばだ、一番上のブログパーツcomあたりで「新着ランキング」のなかから、

たとえば、
「萌え系コスプレ時計」を選ぶわな。
「このブログパーツを貼りたい!」をクリクると、そこのサイトに飛ぶ。
そのページには、「このタグを貼れ」と数行のテキストがあるはずなのでそれを余さずコピー。

で、今度は、フットボールクラブ2の「管理画面」にいそいそと戻ってだな。

左サイドバー「環境設定」の「・プラグインの設定」>PC用「公式プラグイン追加」>拡張ブラグイン「フリーエリア」の「追加」クリック>「フリーエリアの編集」

と、たどれるはずである。

「フリーエリアの編集」の一番下にだだっ広いスペースがあるからそこにさっきコピーしてきたタグをペーストする。

くれぐれも「プラグイン説明」というところにコピペしないように。

で、タイトルは「フリーエリア」のままなので、ブログパーツの名前にでも変える。

あと「プラグインカテゴリ」は1のままでよかろう。呼吸者ブログはサイドバー1つしかないテンプレートみたいだし。

これで一番下の「追加」をクリック。

これで完了。

あとは配置の調整であるな。
またプラグインの設定に戻り、
今度はPC用「プラグイン管理」>「PCプラグイン」と行く。

たぶん「カテゴリ1」の一番下に「コスプレ時計」が配置されてるから、それを自分の置きたい所に移動させる。

それには、
「移動」という列の「萌え系コスプレ時計」の数字をたとえば、4に変えて「移動」をクリックすると、4番目に繰り上がって表示されるわけだ。

このフリーエリアは何個でも配置できるので、ブログパーツは基本的にこれを使うわけである。

最初戸惑うが、
やってみると簡単である。

やってみなはれ。
まずは「萌え系コスプレ時計」で。

Re: ブログパーツの貼り方指南

noriaky殿

> > ブログパーツ
> > 貼り付け方がわかんねん
>
> 簡単である。勉強の必要もねえぞ。ワ士は勉強したが。

なるほど。ちょうど儂好みのかわゆい熊ちゃんの時計があったので、それをいただいたぞ。フラッシュファイルのアップロードに手間取ったが、貴公のてっかくな指導により実に簡単に晴れたのであった。うむ。今日は雨陀がな雨陀?

うむ!実に儂好みのかわゆらしいブログページになりつつある!

No title

こら、なぜ萌え系コスプレ時計を貼らん!

ほークマさん時計か。それとツ一田ーと。

たまにブログパーツによっては、ブログに変な不具合を起こしてIEとかIEとかIEとかで表示が編になることとかあるから、新しいのを貼ったら、IEで一度確認するか誰ぞに見てもらうのをオススメするど。

にしても内容とは裏腹にとてもファンシーにしてかわゆいページになりつつあるのう。一体どこを目指しているのか。

No title

noriaky殿

>一体どこを目指しているのか。

うむ。まあ適当である。何しろ初心者なので・・・とマジレスしてみる@ツイッター風
プロフィール

respirateur

Author:respirateur
グゥ。。。

熊時計
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。